NYC在住インディロック好きアーティスト。www.etsy.com/shop/OfukuwakeNewYork、troublemakervideos.com


by troublemakervideo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

書くこと

私の長年の友達が亡くなった事をブログに書いて、本当に落ち着いた。彼の事を思い巡らせ、書く事で彼を思い、考え。それで彼がこの世からいなくなった事を、ちゃんと自分で受け止められたというか。決着がつけられたというか。感謝の気持ちをしっかり持てたというか。彼はあの世に行ってしまったけど、私の心に彼が消える事はないという確信。書くってのは良い。ほんとにそう思いました。私のブログを読んでくれてる人達がいるってのも、ありがたく思うばかりです。私のブログを読んでいる方たちが、どう思われたのかわかりませんが、とにかく、読んでくれてありがとうございます。何気に側に長年いた友人の貴重さを、今はひしひし感じるばかり。彼がいるのが当たり前のように感じてた。でもそれは当たり前なんかじゃなかった、とも。今まで生きてきて、友達関係を切られたこともいくつかある。私が切ったこともある。そう思うと、今も縁が続いてる、この世の人達は、私にとって本当に大切な人達ばかりなんだ、と。こんな私ですが、皆様、今後とも宜しくお願い致します。NYCは現在−2℃。
# by troublemakervideo | 2019-01-15 17:36 | Comments(0)

お誕生日

先日は私のお誕生日でした。希望のレストランは、Nomad!だったけど、その日はプライベートの貸切って。。。ひどいーー。
なので、じゃあどこでもいいよ、と。色々提案してくれたけど、やっぱりお店の雰囲気優先で、今年も安全パイのContra、となりました。今回はコースを全部載せましょう。ていうか、全くの夏メニューみたいで、これは夏に食べたら嬉しい感じ?なんでこんな寒い冬にこれなんだろう???と。外は0℃の寒い中、温かい物が欲しかったけどな。妙に”和”を意識したコースでもあったんです。今回は、デザートの昆布のアイス、ってのは絶品だった、うん。昆布アイスは病みつきになりそうなくらい美味かったです。
f0003235_16081266.jpg
写真、ダンナから頂いたお花の一部を撮ってみた。今回のメニュー。値段が89ドルになってた。値上がり具合が急速。アミューズは白海老のシソの葉巻き。ケール、ビーツ、りんごのサラダ。キンキンに冷えたお豆腐。下、ホタテとかぶのセビーチェ。ここまでどれも酢を使ってあったな。メイン最初のお魚のタラ。そしてポーチドチキン。メインはほんのり暖かかったけどね。第一のデザートが、昆布アイスで、中には薩摩みかんが。そしてキャンドル付きのはブラッドオレンジのアイス。アイスアイスベイビー、と言いながら食べましたよ。でもね〜、四季感をちゃんと考える日本って良いよなあ、と思いました。このメニューは夏だったら満足満足だったはず。ごちそうさまでした。現在NYCは−4℃。

# by troublemakervideo | 2019-01-14 16:20 | Comments(0)

男と女の友情

彼との思い出ばかりが巡って、涙がほろほろ。。。
私が初めて彼に会った時、彼をかっこいいと思った。大人っぽく、背が高く、痩せてて、色白で、切れ長の目、ベース弾く姿もカッコよく。軽く人を寄せ付けない怖さ、みたいなのがあった。うん暗かったんですね。また、どこか気取った雰囲気があったけど、話すと意外とざっくばらんで、見た目と違うんだな、と。彼は静かな性格だったけど、カッとなる性格で、怒ると妙に怖かった。食べ物も人も、なんでも好き嫌いが激しかったっけ。綺麗好きで、部屋はいつも整頓されてて、雑誌に載るような、ミニマムでお洒落な感じ。そして彼の好みの女性タイプは、品が良く、清楚なモデルのような女っぽい美人さん。私とは妙に違う世界観を持ってる感じはしてた。完璧主義者でもあったと思う。若い時、私はとにかくがさつだったようで、彼から、お前は男みたい、と言われていた。

それでも私は女なので、彼がボーイフレンドだったら?と考えてみたことがあった。でも、いやいや、ないな〜、と。何かが違うと感じていた。彼の部屋にも何回か泊まったこともある。若いし、男と女の関係に、酒の勢いでもってなりそうな感じでしょ?が、そういう雰囲気になったこともない。彼の好みの女性のタイプと、私は大きくかけ離れすぎてて、ほんとに男友達のように思ってたんじゃないかと思う。地元で同じデザイン学校へ行き、東京へ出て、デザイナーの仕事をしていたので、音楽とデザインの話で話は尽きず。お互い、良いデザイナーになる為日々頑張っていたのです。そして彼は念願のフリーのデザイナーになり仕事をしていた。
そのうち、彼のお父さんが亡くなり、母親一人にはしておけない、自身も膠原病ということもあり、地元の九州へ帰っていった。地元では本当に面白い仕事がないとぼやいてたなあ。彼は装丁等の仕事が特に好きで、東京から仕事を受けたりして、東京ー福岡を行ったり来たりしていたよう。本当に丁寧で綺麗なデザインをする人で、考えてみると、仕事が趣味の人だったと思う。彼の仕事は、私も刺激になったし、勉強になった。一緒によく飲んだなあ。美味しいものも食べに行った。妙にお洒落なバーやお店も色々知っていたのだよね。くだらない事でよく笑ったな、本当に楽しかった。そんな素敵な時間を彼からは沢山沢山もらった。

私は初めて仲の良い友達を亡くしたんです。ダンナに、友達を亡くした悲しさは、なんか家族を亡くした時と、ちょっと違う悲しみの感覚がある、と言ったんです。
そしたらダンナ。当たり前だよ。普通家族とは縁を切りたくても切れないもの。血が繋がっているからね。でも友達は全然違う。友達関係なんて儚いもので、縁を切ろうと思えば簡単に切れる。連絡しなければ良い、会わなければ良いんだから。でもお前は、彼とは長年友人関係を続けていた。お前がそれを選んだんだ。お前にとって、彼は本当に大切な人だったんだよ。彼もお前のことを大切に思っていたはず。悲しいのは当たり前だよ、と。そう言われてまた涙....。今は、ただただ感謝の気落ちで一杯。

ホソミ、あなたがとても心配してた、心臓が悪い親友の森君。森は俺より先に死んでもらっては絶対困る、と言ってたね。その森君から、あなたが亡くなった知らせを受けましたよ。森君の方が、早く死んでしまうんじゃないかと思ってたけど、違ったみたいね。森君は、俺はまだ死ぬわけにはいかない、と言ってました。私も皆も、あなたの事、決して忘れる事はないから。どうぞ安らかに眠ってください。合掌。

# by troublemakervideo | 2019-01-12 15:41 | Comments(0)

こんなことって。。。

新年早々なのに。でもごめんなさい。書かせてください。
学生の頃から仲良かった男友達が、突然あの世へ行ってしまいました。昨日友達から連絡を受けた。
学生の時、彼はパンクバンドのベースをやっていた。似たような音楽の趣味があって仲良くなった。色々音楽の話をしたなあ。膠原病という難病になってしまった彼だけど、日本で会う時は普通で。お酒も飲むし、見た目も普通、話しても普通なので、本当に病気なのか?と思うくらいだった。ただ、食事が本当に食べれなくはなってて。一緒に食事してもほとんど食べてなかった。もう2年前からそんな状態だった。やっぱり人は食べなきゃ生きられないから、食べれなくなるっていうのは、そうういうことだったんだ、と。無理してでも食べなきゃダメだよ、と言ってたけど、もう、体が受け付けなくなっていたのだよ。一ヶ月前まで、インスタグラムにもポストしてたのに。彼は12月の下旬、具合が悪くなり病院へ運ばれ、その次の日に亡くなったと。

私が東京で、個人的にとても辛い日々を送っていた時、彼は相談にのってくれ、支えてくれた。病気で入院した時も、ずっとそばに付いててくれた(九州の実家の家族には知らせないでほしい、と言ったのもある)。私が今のダンナと付き合う前の事だ。他にも色々本当に思い出すばかりで。
彼の優しさが、今頃になってどん!ときて。馬鹿言い合ったり、心を許せて、なんでも話せた唯一の男友達だった。

昔の事だけど。彼はとにかく美人好みで。好きな人ができた、と。その彼女が働いているという花屋さんへ連れて行ってくれたことがある。スラッと背が高く、本当に品の良い美人さんで。お前は面食いすぎる!と言ったっけ。で、彼は告白して彼女と付き合うことに。それが最初で最後に、私が顔を知っている彼の彼女。色々ラブラブ話を散々聞かされた。が、その彼女とは数年で破局。その後、ちょろちょろ付き合ってはいたみたいだけど、どれも長続きせず。一年前メールで、彼女は作る気ないの?と聞いた。そしたら、女はやっぱりめんどくさいね。もう彼女はいらないわ、と返信。そして去年、彼の最後のメールは、俺の体調は絶好調とは言えないけど、まぁ母親から比べると何て事無いよ。次に会えるのを楽しみにしてるよ ^ ^、だった。
そんなこと書いてくるくらいだから、まさか死期が迫ってるとは思わず...。私は、姉長男の彼女の事でメールしてたけど、返信はなく。もう彼に会うことはないのだ。もうメールの返信も来ないのだ。彼が生きてる時に言いたかった。本当に本当に今まで色々ありがとう、って。あの世にいる彼に、私の気持ちは届いていると思いたい。

# by troublemakervideo | 2019-01-11 16:18 | Comments(0)

ワシントンDC

新年というのもあって、いつワシントンの事を書こうか考えてたんだけど....。
12月28日、金曜の朝、8時にマンハッタンで待ち合わせしてた義妹の車に乗り込み。視界の悪い雨模様の高速で。ワシントンDC、シティーから、一時間ほど行った郊外のホテルに着いたのは1時。近所で昼食を済ませ、黒服に着替えて3時過ぎにviewingの会場へ(viewingは日本でいうならお通夜ですね)。家族や親戚、奥さんの家族や友達と話したり。おじさんが亡くなってから10日が経っているけど、ちゃんとviewingできるってすごいと思った。今の医療は進んでいる。5時半からセレモニーがあり。終わったのは7時過ぎ。その後も色々な人と話し。ホテルに戻ったのは9時。それから親族と夕食。解散したのは11時。
次の日、朝は8時半にホテルのロビー集合。お葬式があるウクライナ教会へ。10時からお葬式。棺は、親族の男性が10人くらいで持って運びます。12時過ぎにお葬式が終わり、それから埋葬の墓地へ。各車には、Funeralという札を付けて、車のウィンカーをチカチカさせて霊柩車の後に着いていきます。
墓地について、親族の男性達がその場所に運び。棺に一人一人お花を添えて最後のお別れ。墓地には60人くらいいたと思います。その後昼食。2時過ぎてました。昼食はレストラン貸切。レストランでもいろんな人と話して。食べて飲んで。解散は5時。それからホテルへ戻り。夜型生活の私は疲れ果て、一時間ほどホテルの部屋で爆睡。そしてまた夜の8時くらいから親族と、ホテルのバーで軽く食べたり飲んだりしながら、長い夜が過ぎていきました。
f0003235_15181183.jpg
お葬式が終わり、奥さんは、棺に眠っているおじさんの手を握り、キスをしながら、泣きじゃくりながら、おじさんとしばらくお話をされていました。それを見ている私達も辛過ぎて、涙が止まりませんでした。愛しい伴侶を亡くされた奥さんの悲しみは、とんでもなく辛く、悲しすぎるだけで。義姉が奧さんに、今夜はどうする?私達のホテルに来ない?と言えば。私は家に帰るわ。猫ちゃん達がご飯を待ってるし。こんな時でも、ご飯をくれくれと毎日うるさいのよ、と。猫ちゃん達は、おじさんが二度と家に戻らない事、わかっているのかな...。でも猫ちゃん達が、奥さんの悲しみにしっかり寄り添ってくれるはず。突然この世からいなくなったおじさん、どうぞ安らかに、あの世でお元気で。

写真は、雨のワシントン。お葬式があったウクライナ教会(質素な木造り)。墓地への途中。墓地でのおじさんの棺。皆と昼食。写真は親族だけが撮っていたので、私も少しだけ撮らせていただきました。

# by troublemakervideo | 2019-01-09 15:24 | Comments(0)

Queen

f0003235_15132532.jpg
昨日は、ゴールデングローブ賞があり、Queenの映画、ボヘミアン・ラプソディが最優秀作品賞を獲ってびっくりしたんですが。主演男優賞も、この映画の主演男優、Rami Malek で。彼はテレビ俳優だから、またびっくり。うん、妙に見たくなった、ボヘミアン・ラプソディ。あまり良くないという噂だったんだけどなあ。またQueenは、メインマンのフレディが亡くなってから、28年の歳月を経て、この夏、アメリカツアーをやる。フレディは、他のボーカルを使ってライブはやるな、と言い残してたと聞いたけど。ボーカルは、Adam Lambert。もう年月も経ってるし、それはいいんでしょう。で、なんとなくライブチケを調べたよ。NYCではマジソンスクエアーで二日間。600、800ドルと160ドルのチケが少しあった。安くて160ドル!って高いわーと思い。が、もう残り少ない。まさかのマジソンでソールドアウトになりそうな勢い。マジソンのキャパは2万人。NYC、二日間だけで15億ほどのお金が動くライブって、すごくない?Queenの残されたメンバーへの、フレディの置き土産か、と思った。ツアーのフレディの代わりはこんな人。https://www.youtube.com/watch?v=LUuuWyCkS_U
# by troublemakervideo | 2019-01-08 15:17 | Comments(0)
今年も引き続きよろしくお願いいたします!
30日の朝は、ワシントンのホテルを朝早めに出たので、夕方にはおせちの買い物へ行けました。色々準備してたので、スムーズに新年を迎えることができ。が、ダンナの足もまだ治ってないし、雨模様の31日で、テレビ見ながら。うん、こちらに引っ越してきてから、雨のニューイヤーズ・イブ、新年は初めてですよ。雪の日はあったけどなあ。温暖化、か...。で新年幕開けはバブリーで乾杯。元日は昼前に起きて、おせち、お雑煮、筑前煮、お刺身の用意をして、お屠蘇と共に新年をお祝い。毎年変わらないお正月。f0003235_13061736.jpg
お雑煮は、スルメと昆布でダシ取り。人参と大根、レタスに包んだお餅を頂きます。我が家の定番お雑煮。


今年は、できれば引越しを、と考えている。はい、ブルックリンの方へ行こうかと。ブルックリンも新しいアパートビルが続々出来てて。アパートの部屋ごとにランドリーが付いてたり。魅力的なのが多い。それにマンハッタンより安い〜。色々調べ中。

なにはともあれ、2019年が、皆様にとって、健康で、素敵な一年でありますように!

# by troublemakervideo | 2019-01-03 13:09 | Comments(0)

クリスマス

f0003235_17242146.jpg
皆さま、今年のクリスマスはどうでしたか?私たちはいつものクリスマス、ウクライナ料理のディナーでした。生ニンニクを、甘いコラチというパンに、たくさん挟んで食べました〜。義妹のボルシチも美味しかったです。詳しく知りたい方は過去記事でも見てくださいませ〜(手抜きですんません)。
今年、私のダンナへのクリスマスリストは、全て、ずらずらずら〜〜〜〜と、Helmutオンリーにしてみました。Helmutしか欲しくないからね!って〜笑。ダンナがどれを選んだのか、そのうち載せてみますね!てか、ワシントンDCへ行くのでバタバタしてます。ていうのは、日本のお正月があるから!クリスマスどころではない私。大掃除は済ませた。30日の夜に帰ってくる予定なので、31日にささっと料理できるよう、ワシントン行く前に買い物して準備しないとです。御節詰め合わせは31日に買うつもりだけど、なかったら、なんかバラで買っても良いか、と。
写真は、亡くなったおじさんが、去年義姉にくれたという、蜂蜜のお酒でおじさんに乾杯しました。そしてボルシチ。最後の写真は姪っ子のドレスが〜素敵で。姪っ子、また背が伸びてた。17歳で190cmほど。妹は15歳で180cmくらい。どこまで伸びるんだって?若くてでかいってのは、それだけで妙な迫力がある、うん。それに女感がプラスで、強力すぎる。NYCは現在1℃。

# by troublemakervideo | 2018-12-26 17:36 | Comments(0)

晩御飯

久々に、先日作った晩御飯でも載せてみようか、と。頑張って作ったので!笑。胚芽米のご飯に、玉ねぎ、椎茸、昆布、ワカメのお味噌汁。さば煮。ほうれん草のおひたし。ひじき、手作り蒟蒻、人参、キクラゲ炒め。納豆。ネギと大葉のつくね。白菜と胡瓜の浅漬け。自家製たくあん。日本酒と一緒に。ちょっと時間かかったけど、自分で作ったけど、美味しかったです〜。ダンナ、和食って本当に美味しい、と。和食を作ってる時間って妙に集中できて、心が、シン、となる。和ならではの食材も魅力的なこの頃。そうそう、手作り蒟蒻は、今年日本へ行った時、ハンズで蒟蒻の素を買ってて。作ってみました。

# by troublemakervideo | 2018-12-21 16:44 | Comments(0)

来週

ダンナのおじさんのお葬式は来週になりました。クリスマス後。そんな遅くお葬式ってできるんだとびっくりしましたが。多分、viewingはないだろうとの事(viewingとは、お棺に入った故人のお顔を見ながら直接お別れする事)。おじさん夫婦に、クリスマスプレゼントで買ってたお揃いのパジャマは返品しました。おじさん夫婦がいない今年のクリスマスディナーは、静かになりそう。NYCは現在3℃
# by troublemakervideo | 2018-12-20 16:36 | Comments(0)