インディロック好きビデオアーティスト、NYC在住。2015年9月、エクスペリメンタル映画” You Were Here"制作。youwereheremovie.com


by troublemakervideo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

泣いた

映像をHDにするテストをやってもらってる間、数日待たなくてはいけなかったので、カラー調整を自分で少しやってみたんです。ほんとはカラリストに頼む予定だった事。で、自分でやってみたら、何となく出来たので、じゃあやってみますか、って始めたんです。が、それは間違いだったかも....。一つのシーンを触ると、別の所の色が気になってきて、結局ほとんど全部を調整するはめに。何度も何度もやり直し、もうこれでいいだろう、とダンナに見せると。”この部分がまだ赤くない?ここは明る過ぎじゃない?なんかピンクに見える。この人の顔がバンパイアに見える。この人の顔色は死人みたい”。。。。とか色々色々言われ。ピンクとかバンパイアとか言われても、私にはピンクとかバンパイアに見えなかったりするわけですよ。私は色盲か?と思ったり。カラー調整を始めて、約2週間。必死こいて毎日やってて、たった1%くらいの赤、緑、青を減らしたり、増やしたりするだけで雰囲気って変わるのだよね。なんか疲れ果てて、もうやだ!とオイオイ泣いてしまったですよ。仕事ではなく、自分のやってることで、こんなにきついと感じたのは初めてかも。やっぱり、ダンナの目線と、私の目線は同じじゃないっての、よくわかった。人って、同じものを見ても、各人それぞれ違うように見えてるのが普通なんだろう。
[PR]
by troublemakervideo | 2015-07-24 18:23 | Comments(0)